Life Style

Raising the Flag on Ioshima: This is the inside story of its iconic World War II photo

[1945年2月23日、硫黄島の戦い (2月19日から3月26日)、6人の海兵隊員がすり鉢山の頂上に米国旗を立てました。 このシーンはAP通信のジャーナリストJoeRosenthalによって撮影され、彼の画像はすぐに世界中で有名になりました。 多くの人が知らないのは、この象徴的な写真が実際にその日に硫黄島で掲げられる2番目の旗を示しているということです。

硫黄島の最初の旗を掲げたのは誰ですか?

日本の島の南端に位置するすり鉢山は、高さ546フィート(166メートル)の休火山です。 サミットからは、黒砂のビーチを含む硫黄島の残りの部分を一望できます。 太平洋戦争で最も血なまぐさい戦闘の1つである日本軍は、この見晴らしの良い場所を使用して、アメリカ軍に砲撃を向けました。 戦闘開始直後、アメリカ軍はその陣地を占領することを目指した。

Raising the Flag on Ioshima: This is the inside story of its iconic World War II photo

Source link Raising the Flag on Ioshima: This is the inside story of its iconic World War II photo

Back to top button